んぐんぐまーま(双子の会)
 
 「んぐんぐまーま」は、
「んぐまーま」に集まる双子と三つ子の親子が立ち上げた
多胎児親子の会
です。

双子、三つ子などの親子が
月1回札幌大谷大学短期大学部子育て支援センターに集まって、
みんなでおしゃべりしたり、情報交換したり、木のおもちゃで遊んだり、
お弁当を食べたりしてのんびり過ごしています。

札幌市内および近郊に住む多胎児親子のみなさん、
多胎児の子育ての喜びも苦労も分かち合える仲間と出会うために、
よかったら参加してみませんか?

 
2018.2
 
 
●開催日

毎月最終火曜日(ただし、12月3週・3月1週)10:30~14:30
2018年度開催日
4/24・5/29・6/26・7/31・8/28・925・10/30・11/27・12/18・1/29・2/26・3/5


●参加料 
一家族100円(保険料を含む)
※参加希望の親子は、まずは木曜日の「んぐまーま」に参加して登録を済ませて下さい

●「んぐんぐまーま」設立の思い
「同じ双子、三つ子を持つママ友がほしい!」 「双子、三つ子を連れて子どもを遊ばせたり、おしゃべりしたり、少しはゆったり過ごしたい!」・・・ きっかけはそんなとっても小さな思いからでした。そのころは子育てサロンやママ友同志で集まっても、オッパイだー! オムツだー! 2人ともぐずりだしたー!といっている間に終了時間。 「私は何しに来たのかな?」とがっかりすることばかり・・・。
 そんなことを「んぐまーま」に来て、大学の先生や「んぐまーま」のスタッフに相談してみたところ、大学の子育て支援センターを提供してくださることになり、合わせて先生方、「んぐまーま」のスタッフ、学生といろいろな方のご理解、ご協力のもと、2006年5月に6組の双子・三つ子親子の参加で「んぐんぐまーま」がスタートしました。
 今も「んぐんぐまーま」はお母さん達が主体となり、 サークルとしての位置づけで月1回の楽しいひとときが開催されています。ただ、お母さん達だけでやっていくには限界があり、スタッフの配置、準備、清掃、片づけ等々大学には多くのことにご尽力いただいています。
 こんな素敵な場所はなかなかありません! 気持ちがほぐれて、頑張るパワーをもらったり、力が入りすぎていたことも「ほっ」と楽になったり。 これからも感謝の気持ちを大切にして、「んぐんぐまーま」がつながっていきますように。
                           初代世話役  木村里香さん

●「んぐんぐまーま」に参加しようかどうか迷っている方へ
まずは1度遊びに来てください!!
♪ 移動が大変な時はお手伝いしますので、遠慮なくスタッフさんや世話役にお声かけください!
♪ 子どもたちがぐずっていても大丈夫!同じ双子ママ同士、参加されているみんなが優しく見守ってくれます!
♪ ときどき先輩双子ママさんから子どもの衣類などのお下がりがもらえます!
育児の悩みは連続。もし育児に悩んだり、疲れたりした時は、ぜひ「んぐんぐまーま」にいらしてください。 元気がもらえる場所です!
                          平成30年度 世話役より  (*´ω`)

●参加親子の声
出産した病院で「んぐんぐまーま」を教えてもらい、行ってみたいと思っていたものの双子を連れてのお出かけが大変だったりして、初めて行けたのは双子が7か月の時でした。 子どもたちが友達と楽しそうに遊んでいる姿を見ていると、とても嬉しくなり、もっと早くに来ていれば良かったと思うくらいです。 1人で子どもたちを連れて行くのは大変だけど、双子ママとお話するとリフレッシュできるし、子どもたちは楽しそうに遊んでいるので、「んぐんぐまーま」はとってもおすすめです。1人で不安でも、頼もしい双子ママさんや優しいスタッフさんが助けてくれるので、ぜひ勇気を出して来てみてください。  厚別区 1歳の双子ママ

「んぐんぐまーま」に初めて参加したのは、1歳過ぎです。その頃は外出もなかなかできず月1回の楽しみでもありました。 双子ママならではの情報交換ができ、先輩ママやスタッフの方々のアドバイスもいただくことができます。そして、またここから育児を頑張ろう!という気持ちにもなれました。 それから1年半が経ち、今では双子は友達とたくさんで遊べるようになりました。ママ達もゆっくり話すことができるようになり、毎月の「んぐんぐまーま」を親子で楽しみにしています。       豊平区 2歳の双子ママ

3歳男の子の双子がいます。8歳の姉と0歳の弟もいます。双子が3歳になってすぐ転勤で札幌市に来ました。 双子の妊娠、出産、産後、どの時も大変で不安だらけでした。双子のことを本音で相談できる場に出会えず、一人で悶々と過ごしていました。もちろん大変なことばかりでなく、双子ならではの可愛さ、楽しさももっと面白おかしくおしゃべりできる場があったらどんなに幸せだったか。 札幌に来て「んぐんぐまーま」に出会い、双子ちゃんファミリーの中で過ごす時間は本当に心身心地よく、お互いの体験を共有できることは幸せです。またスタッフの方々も本当に優しく親身になって寄り添ってくださるので、初回は嬉しくて涙が出そうだったのを覚えています。「んぐんぐまーま」に出会えて本当に幸せです。ありがとうございます。 北区 3歳の双子ママ

双子を1人で家で見るのがしんどくなってきて、何とか息抜きをしたい!と思って「んぐんぐまーま」に参加しました。当時まだ双子は4か月で、2人を連れての移動は大変でしたが、それ以上にたくさんの双子ちゃん&双子ママに会えた事がとても嬉しかったです。 月齢の近い人同士で悩みや愚痴を「あるある!」と共感したり、先輩ママにアドバイスをもらったり、年上の双子ちゃんが遊ぶ様子を見て「うちの子もいつかこうなるのかな」と楽しみに思ったり、得られるものがたくさんあります。 小さい子向けから大きい子向けまでおもちゃもたくさんあるので、いつも楽しく遊んでいます! 中央区 0歳の双子ママ

●問合せ先
札幌大谷大学短期大学部子育て支援センター:011-742-1690
NPO法人子育て応援かざぐるま:090-3117-2294